ひとつ気になっている法律の話がある。
金融関係なんだが、グレーゾーン廃止で、色々面倒なことになっているみたいだ。
大手消費者金融なんかは、その影響で過払い金返還請求などで、バタバタ駄目になっているみたいだ。

そこで、消費者金融会社の味方をするわけではないが、元々の利息で契約をした会社側とお客さん側での契約なのに、その時の法律と、今の法律をごちゃ混ぜにして、利息を多く払ってしまったから、返して欲しいと言う要望は、違うんじゃないかと思う。
借りたときはその利息でお客さんも了解したはずなのに、法律が変わったからと言って、変わった法律に始めから変えてほしいなんて、理不尽きわまりない。

お客さん側の人間は、法律についてそんなに詳しくはないと思う。
法律に詳しい専門家の、手助けを借りて会社側に要求してるのが一般的だと思う。

長く取引をしているお客さんなら、その分多く過払いがあるかもしれない。
根本の契約は会社とお客であり、会社と第三者の契約ではない。

こんな話を最近良くニュースや新聞などで見るたんびに、ずるいな〜と思ってしまう。
お客側からしてみたら、お金を払わないで返ってくるなら、そんな良い事はない。
ただ、契約時にその利息でOKを出したのも、本人だ。
後から、そんな要求をするぐらいなら、契約しようとした時点で、お金を借りなければいいのに…。
そうは言ってられない状況だったのかもしれないが、まったくの素人は、そう思う。

そして、第三者に委託したお客は、どのぐらいの金額が消費者金融会社から返ってきて、自分に返ってくる金額と、第三者がもらう金額などを、ちゃんと把握しているのだろうか…?

きっとお客さん側は知らない事も多いんだろう…
MYWAY-TOP